一覧へもどる

豊橋支店 近田支店長

豊橋支店に位置する東三河は、古くは穂の国と呼ばれ、そのことからも実り多い土地柄であったと思われます。
豊川の水を利用した水田や、河川が運ぶ肥沃な土壌が農業にとって有益だったからでしょう。

近代になっては、豊川用水の完成によって渥美半島や東三河の農業は施設栽培の先進地区へと変貌をとげました。
渥美、赤羽根地区の電照菊を始め、田原地区のメロン、豊橋地区、蒲郡のつま物(大葉、小菊)、東三河としては、周年、夏秋の大玉トマト栽培、ミニトマト栽培、イチゴ栽培など施設栽培は、栽培作物も100種類を超えるほど多岐にわたっています。
また、露地作では渥美、豊橋地区のキャベツ栽培、三河湾の反射光を受けて育った蒲郡ミカン、石巻地区の次郎柿など特産品も多くあります。

隣接する静岡県の西部地区においても天竜川の恩恵を受けての浜松の都市近郊での葉菜栽培や、三方原台地のバレイショ、ダイコン、遠州灘沿い砂地を利用しての特産品エシャレット栽培、浜名湖の反射光を受けての三ケ日、引佐地区のミカン栽培など露地栽培も盛んです。

豊橋支店はこうした全国屈指の施設栽培や、特産品の多い露地栽培といった農業圏で仕事をさせていただいています。

閉じる
一覧へもどる