一覧へもどる

ニュートリバント葉面散布追肥による稲の増収実績のご紹介

栃木県の平成29年度新技術実証フロンティア事業「近赤外線によるリモートセンシングを活用した産業用マルチコプターによる追肥技術の確立」において、稲のセンシング結果をもとにニュートリバント葉面撒布を追肥として活用することにより、良好な結果が得られました。

元肥を慣行より減らしても分げつ期にNVライス、穂肥にNVバランス散布で増収することが実証されました。また茎が固くなり倒伏も軽減されました。

閉じる
一覧へもどる