一覧へもどる

【浜村徹三のIPM教室】
イチゴの主要病害虫のIPM(総合的病害虫管理)その7
 病害の対策

□うどんこ病

 糸状菌の一種で、葉、葉柄、花蕾、幼果、熟果など地上部のあらゆる部分にうどん粉状のかびを生じる。乾燥した時に被害が大きく、病原菌は水に弱い。

◆生物的防除
・ボトキラー

◆化学的防除
・ラリー
・サンヨール
・ポリオキシン
・硫黄くん煙《 新こなでん》


□灰色かび病

 果実を侵す糸状菌で、うどんこ病と双璧。主に果実を侵すが時には根冠部を侵し、株を枯らすこともある。果実に灰色のかびを生じる。見つけしだい除去する。

◆生物的防除
・ボトキラー《ダクト散布機》

◆化学的防除
・アミスター
・ロブラール
・スミレックス
・ポリオキシン




うどんこ病

閉じる
一覧へもどる